世界の農園からフレッシュなオリーブオイルをお届けします

わーるどおりーぶ

2017.06.04

オリーブオイルが癌細胞を破壊?!

オリーブオイルが癌細胞を破壊?!

 
オリーブオイルが癌細胞を破壊
 

サイエンス2.0(http://www.science20.com/)というサイトで興味深い物を見つけましたので、引用転載させて頂きます。

 


 

エキストラバージンオリーブオイルは、心臓の健康に有益であると考えられていますが、新しい論文はエキストラバージンオリーブオイルがガン細胞を急速に破壊するという点でも有益であると示しています。
 
科学者らは、エキストラバージンオリーブオイルに含まれるオレオカンタール化合物(天然有機化合物で辛味を感じる成分)が癌細胞の細胞死を引き起こすことを示しているが、今までこの現象について説明することはできなかった。
 
最近の研究では、Paul Breslin、David Foster、およびOnica LeGendreは、癌細胞におけるオレオカンタール化合物の毒性作用は、細胞のリソソームとの反応にあることを発見した。
 
オレオカンタール化合物により、癌細胞のリソソームは、30分から1時間以内に細胞死を引き起こし破壊されるが、非癌性細胞は無傷のまま生き残る。
 
これは、癌細胞のリソソーム膜が非癌細胞のリソソーム膜よりも弱いことを示唆している。
 
癌細胞を破壊するために、癌細胞を標的とするオレオカンタール化合物は癌治療のための理想的な選択肢であることが判明するかもしれない。
 
この研究の共同著者であるPaul Breslinは、「癌細胞を殺し、健康な細胞を保存するメカニズム、リソソーム膜の透過性化は、癌細胞を効果的に殺し、健康な組織を救う可能性があると仮説を立てられている。この研究により、癌治療に対する特定の治療上の関心が示されています」と述べています。
 
癌細胞及び非がん細胞に対するオレオカンタール化合物の影響に関するこの研究の焦点は、健康効果が非常に高い地中海食にエキストラバージンオリーブオイルが多用されているという点です。
 
Breslin氏は、「地中海食は様々な種類の癌のリスク低下と関連していることが知られています。地中海食全体に多くの利点があると思われますが、この研究ではオリーブオイルフェノール、オレオカンタール化合物に絞って観察しています。健康的な生活の選択肢として、より多くの人々が地中海食を取り入れるようになるにつれ、オレオカンタール化合物はこの食事の重要成分と考えられるようになっています。」と語っています。
 
Citation: Paul Breslin, David Foster, and Onica LeGendre, “(-)-Oleocanthal Rapidly and Selectively Induces Cancer Cell Death Via Lysosomal Membrane Permeabilization (LMP),” Molecular&Cellular Oncology.


 

ハーブを思わせる香りとピリリとした辛味が特徴のエキストラバージンオリーブオイルはこちら
早摘みグリーン アルベキーナ100%


Top