世界の農園からフレッシュなオリーブオイルをお届けします

わーるどおりーぶ

2017.05.16

オリーブオイルとは?

最近大人気のオリーブオイルとは?

 

world olive
 

オリーブオイルの起源

 

オリーブオイルは、主に地中海地域の伝統的な樹木であるオリーブの木の果実から得た油です。
 
その起源は紀元前4500年とも言われています。
 
オリーブオイルは主に、調理、石鹸や化粧品、医薬品、などに使われ、ギリシャなどの教会では灯火用の燃料としても使われています。
 
特に昔ながらの製法である「コールドプレス(熱をかけないように低温で採油する方法)」で抽出され、「デカント(フィルターで濾過するのではなく、自然沈殿で分離させる方法)」でじっくりと時間をかけて生産され、その中でも、酸度が低く(0.8%未満)、香りが良いものは「エキストラバージンオリーブオイル」として分類され、高級品として認識されています。
 
その味わいはまさにオリーブのフレッシュジュースと称される程、豊かな味わいと栄養を兼ね備えています。
 
エキストラバージンオリーブオイル
 
 

オリーブオイルと健康

 
こうして作られるエキストラバージンオリーブオイルを主要成分とする地中海料理を主とする食事を摂取している地域の人々は、北アメリカ人や北欧人に比べて、平均余命が長く、 心臓病 、 高血圧 、 脳卒中リスクが低いというデータがあります。
 
このエキストラバージンオリーブオイルの天然成分の一つが、頭痛薬などの抗炎症剤として使用されているイブプロフェンに似た効果を示すことがわかっており、この抗炎症作用がある天然成分を含むエキストラバージンオリーブオイルを主に使用する地中海料理のおかげで、それを主食とする地域の方々の心臓病の発生予防につながっているとも言われています。
 
エキストラバージンオリーブオイルで高血圧を予防できる?
 
 
また、エキストラバージンオリーブオイルには不飽和脂肪酸やビタミンEなどの天然の抗酸化物質やその他の栄養成分が非常に多く含まれていることがわかっていて、バターのような飽和脂肪、およびマーガリンのようなトランス脂肪とは対照的に、最も健康的な食事脂肪のひとつと考えられており、便通改善や健康維持のためにも積極的に摂取するようになってきています。
 
地中海域の方々には肥満症の人が少なく、平均余命が長く、 心臓病 、 高血圧 、 脳卒中の発症率が低いのは、オリーブオイルの効能・効果ではないかとも考えられています。
 
地中海沿岸諸国の人々には肥満が少ない

 

ギリシャでは、世界中で最も一人あたりのオリーブオイルの摂取量が高く、ギリシャ人は、急性膵炎の予防と肝臓保護の観点もあり、1人当たり年間24リットル(1ヶ月に2リットル!)を消費すると言われていますので驚きです。
 
 

オリーブオイルの生産量

 

オリーブオイルの生産量では、最も多いのはスペインで、次いでイタリア、ギリシャとなっています。
 
これらの地域で「油」といえば、「オリーブオイル」と理解されるくらい生活に密着しています。
 
九州南部で「お酒」といえば「焼酎」をさすのと似た感覚でしょうか(謎)。
 
お話がそれてしまいましたが、多くの方は「イタリア」が最もオリーブオイルを生産していると考えられているかと思いますが、実は一位は圧倒的にスペインで、イタリアの生産量の2倍(!)にもなります。
 
ここで、注意が必要なのは、スペインで作られたオリーブオイルをイタリアの会社が輸入、瓶詰めを行い、「イタリア産エキストラバージンオリーブオイル」として流通しているものが圧倒的に多いということです。
 
これにつきましては、法的にも問題がないことなのですが、一般の方にはわからないですよね^^;
 
これは、イタリアのオリーブオイル生産量よりもオリーブオイル輸出量の方が多いというデータで証明されていたりします。
 
イタリア③オリーブオイルの真実とは
 
 
本物のイタリア産エキストラバージンオリーブオイルはイタリア国内で殆どが消費されてしまい、国外へは中々出てこないのが実情です。
 
特に、2014年~2015年はスペインとイタリアで、生産量が50%も減少したこともあり、世界的にオリーブが不足し、オリーブオイルの流通価格が高騰したりしました。
 
このような状況のときは特に、本国でも足りていない状況の為、本物のイタリア産エキストラバージンオリーブオイルを日本国内で見つけるのはある意味至難の技ということになります。
 
さてさて、この様に、オリーブオイルは地中海諸国を原点としていますが、今日では世界の各地で生産、使用されています。
 
日本国内では小豆島産オリーブオイルが有名ですので耳にされた方もいらっしゃるかと思います。
 
しかしながら、小豆島で生産されるオリーブオイルの絶対量は少ない為、希少性が高く、貴重品となっています。
 
こうして、世界中で愛されるようになったオリーブオイルですが、その中でも特に、100年以上前に、地中海諸国から持ち込まれたオリーブの苗木から栽培を始めたオーストラリア南部は、北半球のオリーブ生産諸国と、ほぼおなじ気候のため、質の良いオリーブが採れることで有名となっており、その果実から作られるオリーブオイルの品質も大変優れており、評価が高いことで知られるようになりました。
 
オーストラリアのオリーブの樹
 
 
オーストラリアでのオリーブオイルの生産方法は昔ながらの製法を守っているため、その殆どが”エキストラバージンオリーブオイル”と呼ばれる品質であることも評価が高い理由の一つです。
 
その他にはアメリカ産のオリーブオイルも評価が高くなっています。
 
 
オリーブの木
 
 
わーるどおりーぶ』では日本の皆様に安心して、”本物”のエキストラバージンオリーブオイルをお使いいただくために、厳選し、輸入・販売を行っています。
 
 


Top