世界の農園からフレッシュなオリーブオイルをお届けします

わーるどおりーぶ

2017.05.03

オリーブオイルの効能・効果
【オリーブオイルと高血圧】

オリーブオイルの効能・効果【オリーブオイルと高血圧】

 
オリーブオイルと高血圧
 

さまざまな研究により、食事と血圧とは密接な関係があることが報告されています。
 
特定の食品は、体重に影響を及ぼすだけでなく、血圧を上昇させる可能性があります。

 

 

高血圧とは?

 

高血圧は動脈性高血圧症として知られており、一般的に血圧値が常に140/90 mmHgを超えると高血圧であると考えられています。
 
高血圧は、動脈硬化の進行における主要な冠動脈の危険因子の1つです。
 
高血圧、タバコの喫煙、肥満、糖尿病に加えて、それは先進国の主要な健康問題の1つとなっています。
 
喫煙イメージ
 
他の危険因子と同様に、生活習慣が高血圧の原因となることがあります。
 
現在では成人4人に1人が高血圧と言われています。
 
高血圧は、身体の動脈、特に心臓、腎臓、脳および目に血液を供給する動脈を損傷させてしまうので、早期死亡のリスクが増えまてしまいます。

 

 

オリーブオイルと高血圧

 

オリーブオイルを多用する地中海食を食べている地中海沿岸の人々には高血圧が少ないことがわかっていますが、地中海食のどの要素が血圧を低下させるその効果に関与しているかは、まだ明確には確立されていません。
 
しかし、いつもの食事にオリーブオイルを加えることで、血圧が確実に下がることは実証されています。
 
いつもの食事にオリーブオイルを 

これはオリーブオイル特有の作用のように思われます。
 
オリーブオイルを常食にすることは、収縮期血圧(最大)と拡張期血圧(最小)の両方を減少させます。
 
オリーブオイルを摂取すると、高血圧患者の血圧をコントロールするために必要な薬物の日々の投与量を減らすことができるという最近の証拠があります。
 
おそらく、ポリフェノールによって引き起こされる硝酸の減少のためです。

 

※ここまではIOC(国際オリーブ協会)http://www.internationaloliveoil.org/ から引用させて頂きました。

 

 
降圧剤
 

オリーブオイルの豆知識「オリーブオイルを加熱用と生食用で使い分ける区別は?」でも書かせて頂きましたが、私自身、常にオリーブオイルを食べるように心がけています(というより美味しいのでクセになっています)が、わずか二ヶ月で血圧も上下とも20ずつ下がりました(体重も12kg減量出来ました)。
  
高血圧で処方していただいている薬も効果が弱いものへと変更して頂きました。

この様に実際に体感すると、不思議な感じもしますが、嬉しく感じます。
 
我が家でも使用している本物のエキストラバージンオリーブオイルは「わーるどおりーぶ.shop」にてお求め頂けます(ちょっとPR^^;)。


Top