世界の農園からフレッシュなオリーブオイルをお届けします

わーるどおりーぶ

2017.05.04

オリーブオイルの効能・効果
【オリーブオイルと癌】

オリーブオイルの効能・効果 【オリーブオイルと癌(ガン)】

 
オリーブオイルと癌

 

癌は先進国における主要な死因の1つであり、その発生率は増加しています。

 
ダイエットと多数の悪性腫瘍の発生との間には関係があることが認められています。
 
細胞の酸化は、癌の形成における主要なリスクの1つです。
 
細胞が酸素に対して感受性が高いほど、癌のリスクが高くなります。
 
食生活と最も密接に関連する癌のタイプは結腸直腸癌、前立腺癌および乳癌です。
 
最近の研究によると、癌の発生率に影響を及ぼすのは、「脂肪の摂取量」よりも、「摂取する脂肪の種類」の方であると言われています。

 

 

癌とは?

 

癌

 

 

腫瘍は、身体組織の一部の異常な腫脹または腫脹のことを指します。
 
腫瘍は良性または悪性に分類されます。
 
良性腫瘍は、その細胞が元の部位に残っている腫瘍です。
 
それらは、増殖するとカプセル化し、非常にまれに死を引き起こす限局性細胞塊を形成します。
 
一方、悪性腫瘍または癌性腫瘍は、それらが成長する組織に侵入し、しばしばそれらは血流およびリンパ系に入り、「転移」と呼ばれるような、他の部位で二次腫瘍を形成します。
 
成長速度と転移は、腫瘍の種類によって異なります。
 
腫瘍の形成には、様々な環境要因(物理的要因:放射線、化学的要因:食品の特定成分)および遺伝的要因が作用しています。
 
ほとんどのタイプの癌では、環境要因が最も重要です。

 

 

オリーブオイルと癌

 
乳癌

 

疫学研究においては、オリーブオイルが特定の悪性腫瘍(乳房、前立腺、子宮内膜、消化管など)に対して防御効果を発揮することを示唆しています。
 
オリーブオイルが乳癌リスクを低下させることを示す多くの研究報告があります。
 
オリーブオイルを主な脂肪の摂取源として使用し、健康的な食事をすることで、癌の発生率をかなり低下させることができます。
 
その理由は、癌によって引き起こされる細胞の変異は、食物を消化するときに一部の物質がDNAを攻撃する毒素になることによります。
 
肝臓を通過すると、これらの毒素はフリーラジカルを生成し、それがDNAを攻撃します。
 
このようなフリーラジカルと戦うためには、体はオリーブオイルに含まれるようなビタミンや抗酸化物質が必要とします。
 
オリーブオイル
 

 
オリーブオイルを多く含む食事を摂取することによる保護効果は、食事中に摂取される果物や野菜の量に関係なく、腸癌リスクの低下に寄与していることも報告されています。
 
最近の研究では、オリーブオイルが結腸癌に対する防御にも効果があることが実証されています。
 
昨今では、脂肪の代謝的影響、より具体的には、慢性肝疾患およびクローン病として知られる腸の障害におけるオリーブオイルの保護的役割についても研究されています。
 
その結果としては、前癌病変に対するオリーブオイルの有益な効果が示されました。
 
3種類の食事を分析した後、研究者は様々な結論に達しました。
 

  ・オリーブオイル食は、癌病変の数を減らしました。
  ・発生した腫瘍の数は明らかに有意に少なかった。
  ・腫瘍はより攻撃的でなく予後も良好であった。

 
この有益な効果は、オリーブオイル、オリーブオイル中の主要な一価不飽和脂肪酸に関連していると考えられています。
 
オリーブオイルの効能・効果 癌
一価不飽和脂肪酸は、新しい腫瘍の産生および発達に影響するアラキドン酸に由来するプロスタグランジンの産生を低下させることがわかっています。
 
オリーブオイルの他の成分(酸化防止成分、フラボノイド、ポリフェノールおよびスクアレン等)もまた良いな影響を与えていると考えられています。
 
スクアレンはメラノーマ(ほくろのような皮膚癌)の発生率を低下させることから、皮膚にとっても良い効果をもたらすと考えられています。
 
オリーブオイルはまた、野菜や美味しくする上に、癌予防における利点が十分に証明されています。
 
野菜をエキストラバージンオリーブオイルで
 
現在では、小児白血病および食道扁平上皮癌などの様々な癌に対するオリーブオイルの保護効果についての研究が大変有望視されています。
 
オリーブオイルがどのように癌に影響を及ぼし、様々な種類の癌の発症の予防または抑制において有益な役割を果たしているかについては、まだまだ研究の余地があるとされています。
 
しかし、現時点で入手できるデータを見ても、オリーブオイルが発癌過程の様々な段階において、有益に作用することが確認できます。

 

 

※ここまではIOC(国際オリーブ協会)http://www.internationaloliveoil.org/ から引用させて頂きました。

 
 
本物のエキストラバージンオリーブオイルを 

オリーブオイルに関しましては、様々な医学的研究結果が出ているので、ついつい期待してしまいます。
 
しかしながら気をつけないといけないのは、様々な研究結果が出ているのは、化学処理などされていないオリーブオイルであることです。
 
 
わーるどおりーぶでは、化学処理を一切していない一番搾りのエキストラバージンオリーブオイルを取り揃えております。
 
また、まだまだ少ないですが、オリーブオイルを使った料理のレシピもアップしていきますので、ご参考まで。

 

 

 

 

 


Top