世界の農園からフレッシュなオリーブオイルをお届けします

わーるどおりーぶ

2017.05.31

オリーブオイルの効能・効果
【オリーブオイルと免疫系】

オリーブオイルと免疫系

 

オリーブオイルは免疫系において重要な役割を果たすことが実証されています。

 

免疫システムとは?

 

オリーブオイルと免疫 

免疫システムは、特異的および非特異的メカニズムを調整することによって、異物(毒素、微生物、寄生虫、腫瘍プロセスなど)による侵入から身体を防御します。
 

それは微生物などに対して、私達の知らないうちに最前線で防御を行っています。
 
皮膚、粘膜、ホルモンのシステム(肝臓で製造される約20の蛋白質のグループは、微生物を滅ぼすのを助けます)などの働きは、他の物質との接触で阻害されることは有りません。
 
特定のメカニズムは物質への暴露の後に起こります。そして、それはBリンパ球(体液のシステム)とTリンパ球(細胞システム)の関係を必要とします。
 
自然免疫システムは効果的に外敵を排除するために、外敵の種類によって変化しますが、先天的に備わった免疫システムは大多数の外敵に対して、同じように反応します。

 

オリーブオイルと免疫システム

 

オリーブオイルの摂取は、微生物、細菌またはウイルスからの外部からの攻撃に対して免疫系を強化することが証明されています。
 
ミネラルおよびビタミン欠乏症が免疫系に悪影響を及ぼし得ることは、以前から知られています。
 
最近の研究では、オリーブオイルの成分である脂肪酸がB細胞とT細胞の特定の有糸分裂促進物質により引き起こされる、リンパ球が激増するといった、重要な免疫学的外的要因を下げることに役立つと結論づけています。
 
これらの脂肪酸は、様々な免疫機能において重要な役割を果たすことが報告されています。
 
それらは炎症過程の調節に関与しており、いくつかの自己免疫疾患の治療および一般的な免疫系の調節に有効である可能性があります。
 

 

オリーブとリウマチ関節炎

 

リウマチ関節炎にオリーブオイル 

関節リウマチは、関節に影響を及ぼす原因不明の慢性炎症性免疫疾患です。
 
遺伝子、感染因子、ホルモンおよび食事が、その発症の原因と考えられています。
 
オリーブオイルがその症状を緩和するのに役立つことが示唆されている研究もあるが、そのような保護効果の確認は得られていない。
 
最近公表された研究の結果によると、定期的にオリーブオイルを摂取すれば関節リウマチの発症リスクが低下する可能性があることを示唆しています。
 
この研究の著者によると、高レベルのオリーブオイルを含む食事療法を受けている人々は、この疾患に罹患する危険性がより低いそうです。
 
この研究では、オリーブオイルを摂取していない人々は、慢性関節リウマチを発症する確率が2.5倍高いことがわかっています。
 
関与するメカニズムはまだ明らかではありませんが、抗酸化物質は有益な効果を発揮すると考えられています。

 

※IOC(国際オリーブ協会)http://www.internationaloliveoil.org/ から引用させて頂きました。


Top