世界の農園からフレッシュなオリーブオイルをお届けします

わーるどおりーぶ

2017.04.23

サーモンのグリル

もこみちさんっぽく上手にオリーブオイルを使ってサーモンのグリルをつくってみましょう!

 

サーモンのグリル
 
 
毎朝みさせていただいている情報番組「ZIP」。
 
その中でも、とても気になるのが、速水もこみちさんが素晴らしい手つきで調理するMOCO’Sキッチン。
 
そして、皆さんもご存知のように、半端なく登場する「オリーブオイル」。
 
いつもとても勉強させて頂いています。
 
さてさて今回は、もこみちさんっぽく、オリーブオイルを華麗に(?)、そして上手に使って美味しいサーモンのグリルを作ってみたいと思います。
 
オリーブオイルにこだわりたいので、今回は加熱用と生食用の2種類を用意します。
 
これだけで美味しいものが出来そうな予感がします(私だけ?)。
 
 

サーモンのグリルにチャレンジ!

 

材料

 

・サーモン 1人200g程度
 
・塩、胡椒 適量
 
・オリーブオイル加熱用 少々
 
・エキストラバージンオリーブオイル 適量
 
・レモンの皮 適量
 
 
・ローズマリー (お好みで)
 
・フレッシュディル (お好みで)
 

つくり方

 

サーモンのグリル用サーモンの切り身
 
①生のサーモンは、筒切りや、フィレなど、お好みのものを人数分用意します。表面に水気を帯びている時は、キッチンペパーなどで拭き取り、塩、胡椒して、お好みでドライハーブなどを振っておきます。
 
②フライパンを使う時は、薄力粉を薄くまぶしてから加熱用オリーブオイルで焼き色がつくまで強火、その後蓋をして弱火で火を通します。
 
オーブンを使う場合は200℃に設定。加熱用オリーブオイルを塗った天板の上に並べ、10分-13分程度焼き上げます。
 
③ブロッコリーやカリフラワーの他、色彩りにプチトマトやアボカドなどを添えるとお料理が冴えます。
 
※お好みで使用するハーブはローズマリー、ディルなどがおすすめです。
 
④香り付けに、レモンの皮をすりおろし、グリルしたサーモンの上に振りかけ、酢漬けのケーパーや、レモンなど添えて。
 
※良く水に晒したオニオンスライスまたは酢漬けのオニオンスライスなども良く合います。
 
⑤仕上げに好みのエキストラバージンオリーブオイルを回しかけ出来上がりです。
 
⑥お好みでバルサミコ酢を振るとアクセントになります。
 

ポイント

 

1)加熱用オリーブオイルも、香りを大事にしたいので、エキストラバージンオリーブオイルを使います。
 
サーモンのグリルにオススメの加熱用オリーブオイルはこちら。
 
2)仕上げに使用するエキストラバージンオリーブオイルは全体の味を決めてしまうくらい大事なものですので、国際基準で本物といわれるエキストラバージンオリーブオイルを使いたいものです。
 
サーモンのグリルにオススメの仕上げ用エキストラバージンオリーブオイルはこちら。
 
仕上げ用エキストラバージンオリーブオイルでちょっぴり辛みが欲しい方はこちら。
 
上身(背)を使用する場合は、オリーブオイルを多目に、腹は魚自体の油が多いため、オリーブオイルは少なめが良いです。
 
 


Top